Development Environment開発環境準備

Mac – Eclipse

Mavericks
Mountain Lion

注意MacにEclipseをインストールするときは、最新のJDKをインストールしないでください。

Eclipse英語版をダウンロード

Eclipseを日本語化するために、まず英語版をインストールします。そのあと日本語パッチ適用します。

1. Eclipseのダウンロードページにアクセスします。

2. 「Mac OS X 64 Bit」リンクをクリックします。

Eclipseダウンロード手順1

クリックすると拡大

3. 「[Japan] Japan Advanced Institute of Science and Technology (http)」リンクをクリックしてダウンロードします。

Eclipseダウンロード手順2

クリックすると拡大

Eclipse英語版のインストール

1. 「ダウンロード」フォルダにある「eclipse-standard-kepler-SR1-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz」圧縮ファイルをダブルクリックして展開します。

Eclipseインストール手順1

クリックすると拡大

2. 展開されて作成された「eclipse」フォルダを任意の場所に移動してインストールは完了です。

Eclipseインストール手順1

クリックすると拡大

この説明では「アプリケーション」フォルダに移動したことを前提に説明します。

Pleiades All in Oneのダウンロード

PleiadesはEclipseに日本語パッチを適用したものです。
PleiadesのファイルからEclipseの日本語化に必要なファイルを移植します。

1. 「Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン | MargeDoc Project」のサイトにアクセスします。

2. 「Eclipse 4.3 Kepler Pleiades All in One」ボタンをクリックします。

Pleiades All in Oneのダウンロード手順1

クリックすると拡大

3. Javaの64bitの「Full Edition」をクリックしてダウンロードします。

Pleiades All in Oneのダウンロード手順2

クリックすると拡大

4. 「ダウンロード」フォルダにある「pleiades-e4.3-java-jre_20130926.zip」圧縮ファイルを展開します。

Pleiades All in Oneのダウンロード手順3

クリックすると拡大

5. 「pleiades」フォルダが作成されます。

Pleiades All in Oneのダウンロード手順4

クリックすると拡大

Pleiades All in OneからEclipseへファイルを移植

1. 「pleiades」フォルダ→「eclipse」フォルダ→「dropins」フォルダ内部をすべてコピーして、 Eclipse英語版の同じ名前のフォルダ内にペーストします。

Pleiades All in OneからEclipseへファイルを移植手順1

クリックすると拡大

2. 「pleiades」フォルダ→「eclipse」フォルダ→「features」フォルダ内部をすべてコピーして、 Eclipse英語版の同じ名前のフォルダ内にペーストします。同じ名前のファイルはすべて置き換えます。

Pleiades All in OneからEclipseへファイルを移植手順2

クリックすると拡大

3. 「pleiades」フォルダ→「eclipse」フォルダ→「plugins」フォルダ内部をすべてコピーして、 Eclipse英語版の同じ名前のフォルダ内にペーストします。同じ名前のファイルはすべて置き換えます。

Pleiades All in OneからEclipseへファイルを移植手順3

クリックすると拡大

4. 「pleiades」フォルダを削除するか、別のフォルダに移動してバックアップを取っておいてください。

Pleiadesプラグインのダウンロード

1. 「Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン | MargeDoc Project」のサイトにアクセスします。

2. 「Pleiadesプラグイン・ダウンロード」の最新版のリンクをクリックしてダウンロードします。

Pleiadesプラグインのダウンロード手順1

クリックすると拡大

3. 「ダウンロード」フォルダにある「pleiades.zip」圧縮ファイルを展開します。

Pleiadesプラグインのダウンロード手順2

クリックすると拡大

4. 「pleiades」フォルダが作成されます。

Pleiadesプラグインのダウンロード手順2

クリックすると拡大

PleiadesプラグインからEclipseへファイルを移植

1. 「pleiades」フォルダ→「eclipse」フォルダ→「features」フォルダ内部をすべてコピーして、 Eclipse英語版の同じ名前のフォルダ内にペーストします。

PleiadesプラグインからEclipseへファイルの移植手順1

クリックすると拡大

2. 「pleiades」フォルダ→「eclipse」フォルダ→「plugins」フォルダ内部をすべてコピーして、 Eclipse英語版の同じ名前のフォルダ内にペーストします。

PleiadesプラグインからEclipseへファイルの移植手順2

クリックすると拡大

eclipse.iniファイルの編集

1. Eclipse英語版の「eclipse.app」ファイルを右クリックして、「パッケージの内容を表示」を選択します。

eclipse.iniファイルの編集手順1

クリックすると拡大

2. 「Contents」フォルダが見えるようになるので、その中の「MacOS」フォルダ内にある「ecclipse.ini」ファイルをテキストエディットで開きます。

eclipse.iniファイルの編集手順2

クリックすると拡大

3. 「ecclipse.ini」ファイルの末尾に以下の2行の文字列を追加します。

-javaagent:../../../plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
-Dfile.encoding=utf-8

4. 上書き保存して「ecclipse.ini」ファイルを閉じます。

Eclipseの初回の起動はターミナルから行う

1. 初回の起動のみ以下のコマンドをターミナルから実行します。

/Applications/eclipse/Eclipse -clean

Eclipseの初回の起動手順1

クリックすると拡大

ターミナルにエラーメッセージが表示されますが、気にしないでください。

2. 起動画面が表示されます。

Eclipseの初回の起動手順2

クリックすると拡大

3. Eclipseで作成するファイルが保存される「ワークスペース」と呼ばれるフォルダをどこに作るか訪ねるダイアログが表示されます。任意の場所を指定して、[OK]ボタンをクリックします。

Eclipseの初回の起動手順3

クリックすると拡大

4. Eclipseが起動するので、[ワークベンチ]ボタンをクリックします。

Eclipseの初回の起動手順4

クリックすると拡大

5. エラーが表示されていますが、気にせず一度Eclipseを終了します。

Eclipseの初回の起動手順4

クリックすると拡大

2回目以降のEclipseの起動はアイコンから行う

1. アイコンをダブルクリックして起動します。起動できない場合、Eclipseのアイコンを右クリックして[開く]を選択します。

2回目以降のEclipseの起動手順1

クリックすると拡大

2. 初回起動時のエラーはなくなっています。

2回目以降のEclipseの起動手順2

クリックすると拡大

Page Top