Development Environment開発環境準備

Mac – JDK + ターミナル

Mavericks
Mountain Lion

Java Development Kit(JDK)の確認

OS XはJavaの開発環境があらかじめインストールされている場合が多いです。以下の手順で確認して、最新バージョンにこだわる必要が無ければインストールする必要はありません。
また、Eclipseの利用をお考えでしたら、最新バージョンのJDKをインストールするとトラブルを起こしますので、そのままにしてください。

1. 「アプリケーション」フォルダ→「ユーティリティ」フォルダにある「ターミナル」をダブルクリックして起動します。

JDK確認手順1

クリックすると拡大

2. 「javas -version」コマンドを入力して、Java開発環境がインストールされているか確認します。

JDK確認手順2

クリックすると拡大

3. バージョン番号が表示されれば(最新バージョンにこだわらなければ)JDKをインストールする必要はありません。

JDKのダウンロード

Appleが提供しているJavaの開発環境をインストールしたい場合は、こちらのサイトからダウンロードしてインストールしてください。

1. オラクルのサイトにアクセスして、JDKの[DOWNLOAD]ボタンをクリックします。

JDKダウンロード手順1

クリックすると拡大

2. [Accept License Agreement]ボタンをクリックします。

3. Mac OS X x64の[jdk-7u45-macosx-x64.dmg]のリンクをクリックしてダウンロードします。

JDKダウンロード手順2

クリックすると拡大

JDKのインストール

1. 「ダウンロード」フォルダ内の[jdk-7u45-macosx-x64.dmg]ファイルをダブルクリックします。

JDKインストール手順1

クリックすると拡大

2. 「JDK 7 Update 45.pkg」ファイルが表示されるので、それをダブルクリックしてインストーラを起動します。

JDKインストール手順2

クリックすると拡大

3. [続ける]ボタンをクリックします。

JDKインストール手順3

クリックすると拡大

4. [インストール]ボタンをクリックします。(管理者のパスワードの入力を促されます)

JDKインストール手順4

クリックすると拡大

5. [閉じる]ボタンをクリックします。

JDKインストール手順5

クリックすると拡大

6. ターミナルを起動して「javas -version」コマンドでバージョン情報が最新のものになっていることを確認してください。

JDKインストール手順6

クリックすると拡大

Page Top