NAO研修について

ヒト型ロボット「NAO(ナオ)」を活用してビジネスの幅を広げませんか?

「NAO(ナオ)」について簡単にご紹介します。NAOはフランスのアルデバラン・ロボティクス社(ソフトバンクグループ)製のヒト型二足歩行ロボットです。身長は58cm、カメラ、マイク、スピーカー、タッチセンサーを通して人と双方向のコミュニケーションをとることができます。世界中で7,000台以上の販売実績があります。ソフトバンクロボティクス社のPepper(ペッパー)はNAOの技術をベースに開発されたので、NAOはPepperの先輩にあたります。誰にとっても親しみやすいかわいらしい外見も、NAOのアピールポイントのひとつです。

NAO(ナオ)はどのようなことができるのでしょうか?

・話す、読む、歌う
・歩く、手足を動かす、踊る
・言葉を聞き取って反応する
・あらかじめ登録された人を認識する
・QRコードを読み取る
・タブレット等からの遠隔操作
・タブレットやデジタルサイネージ等のディスプレイとの連動
・アンケート、クイズ
などなど

 

活用シーン

(1) 営業店舗、ショールームで

受付、窓口係として来客を感知して声掛けをします。用件を確認した上で、音声や画像で案内をすることができます。イベントなどでプレゼンターとして企業紹介や商品・サービス説明をすることもできます。また、ロボットの注目度は高く、集客に貢献します。

(2) 公共施設などで

たとえば博物館、フォーラム、図書館などで、ディスプレイによる案内や解説に代わるコンシェルジュ、プレゼンターとして利用できます。

(3) 教育機関などで

たとえば小中学校などで、IT教育に対応する教員をサポートする先生役として利用できます。
NAOの開発を学びたい場合は、開発環境や開発方法についてレクチャーすることもできます。

実際にNAOを活用したケースを動画で紹介